女性はご注意!子宮がんの知っておくべきお話

子宮がんとは

女性特有のがん

医学が急速に進歩しているとはいえ、まだまだ死亡率が低いとは言えないのが癌です。男性、女性共に高い死亡率を示している大腸がんと並んで、女性を震撼とさせている病気の代表格が子宮がん、乳がん等ですよね。その中でも乳がんは、「ピンクリボン」に代表されるように、世界的な啓蒙運動が進んでいるうえ、様々な形で、マスメディアにも取り上げられるようになった効果もあって、かつてと比べても検診率はかなり上がってきているようです。

それにひきかえ、相変わらず検診率が伸び悩んでいるのが子宮がんでしょう。最近は子宮頸がんという新たな病名も耳にするようになり、「いったい子宮がんとは何者?」と、混乱している方もいるのではないでしょうか。

かつて、子宮がんは、主に子宮内膜癌を指して言われていました。子宮頸がんは、さらに子宮の奥にある部位での癌なのです。したがって、これまでのような通常の検診ではレントゲン写真に写りにくい、よって発見が遅れ、取り返しがつかないことになる、といった悪循環をずっと繰り返してきたのです。

ここ数年で、ようやく子宮がんは、単に内膜の癌を指すだけでなく、子宮頸がんのように、子宮奥地にまでメスが入れられるようになってきたのです。とはいえ、子宮頸がんの治療は、やっと始まったばかりです。まだまだ知名度が低く、検診率も通常の検診ほど進んでいません。しかも保険が利かない?!という話も聞いているので、なおさらですね。とはいえ、長生きしたいのは誰しも同じ。特に家庭の中で重要な役割をになうお母さんに先立たれては、家族がたまりません。

ここでは、世の女性たちに多少でも癌への知識を持っていただき、少しでも長く健やかで明るい未来を築いていただきたくために役立つ情報を載せています。ぜひこのサイトを多くの方に活用していただければと思います。そこで、子宮がん全体に関することから始まって、万が一子宮がんと診断された時は、どのような治療法がなされるのか、費用は?さらに保険は?といったことまで取り上げて書かれています。

病気に関する専門的な疑問や問題を抱いた方は、ぜひもよりの専門医師をお訪ねください。癌に関わらず、どの病気でも「もしかして・・・」といった徴候が必ず、どこかで出るものです。このサイトから、多少でもヒントを拾っていただいて、早期発見・早期治療につなげていただければと存じます。

Copyright (C)女性はご注意!子宮がんの知っておくべきお話 All Rights Reserved